Technology

振動が体に伝わる仕組み

1.モータ軸が音波形(電圧の変化)に連動して回転(正転/逆転)

2.糸の巻き取り/緩め

3.糸(帯)自体が振動

従来の振動子の問題

振動の大きさ≓おもりの質量×振幅(おもりが動ける距離)

→小型の装置は大きな振動を出せない(特に振幅が重要な低周波振動)

実験結果

Hapbeat vs 巨大スピーカー

Hapbeatがスピーカーに比べてどの程度装着者に振動を伝えているのかを、水の入った容器を用いて検証しました。

音楽信号波形とHapbeatによる振動波形との比較実験

Hapbeatがどの程度の周波数を再生できるかを、サイン波(10-1000Hz)を用いて試験しました。波形を見ると、Hapbeatが波形をしっかり再現できていることが分かります。

身体への振動伝達実験

Hapbeatが体にどの程度振動を伝えているのかをHaptuator(従来装置の代表品)と比較した実験です。図中の四角が大きいほど、その場所に大きな振動が伝わっていることを表します。